【特集】SEOとは何なのか?後編

SEOについてここまで 前編 中編 と記載してきましたが、今回がラストの後編となります。

「まだ前編中編を見てないよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひソチラを先に見てから、本記事をご覧頂ける様にお願いします。

 

いよいよSEOを意識したコンテンツを作っていく!

さて、ここからが実践となります。

まずは何よりも目標を定めよう

貴方がSEOを意識したコンテンツを作って、最終的に達成したい目標は何でしょうか?

そこをまずは明確にしましょう。

この段階で明確に定めておく事によって、後々の効果の分析に繋がっていきますので、しっかりと具体的な目標を定めましょう。

例)
『SEOを意識したコンテンツを作り、検索結果でのランキングを改善する!』など

 

次に戦略を考え行動しよう

第一段階
まずは『キーワード作り』からです。
狙いのキーボードで検索して、自分のサイトが現状どの程度のランキングかを確認しましょう。
それから、自分のサイトのどのページを最も見せたいのかも決めておきましょう。
続いて、訪問者がどんなキーワードで自分のサイトに来ているのかリサーチします。
(WordPressだとプラグインでも確認できますが、詳しいリサーチの仕方は後述の項目を参照ください。)
Googleの『キーワード プランナー』などのツールを使い、複合キーワードのリストも作ると良いです。

 

第二段階
サイトの構造を見直しましょう。
検索エンジンに理解しやすいサイト構造にすると、Googleのロボットの理解度が上がります。
ですので、理解されやすいサイトにしましょう。
具体的には『タイトルタグ』や、<h2><h3>などの『見出しタグ』にキーワードを入れた記事を作りましょう。
同様に内部リンクを見直し、リンクの貼っていないページは極力消しましょう。
WordPressで言うと、サイト上からアクセスできるリンクを貼っていない固定ページ等は消した方が無難だと思います。

 

第三段階
続いてサイトを検索エンジンに登録します。
登録しますと言っても、基本的には向こうから勝手にやってくるので、こちらは『登録されて問題ない内容か?』という事と、『検索エンジンがアクセスができる状態になっているか?』の2点を確認します。
また、画像などはタグにきちんと『何の画像か』を入れておき、極端に重いページなどがあった場合は改善する様にしましょう。

 

第四段階
次に外部からの被リンク(SNS、ディレクトリ型サイト等)を意識した行動をしていきます。
具体的には、インフルエンサーと呼ばれるTwitterのフォロワーの多い人にお願いして、自分のサイトを拡散してもらうとか、他のサイトの管理者(お互いにリンクを貼ると有益な関係になれそうなサイトの)と接触して『記事の掲載をしてもらえないか?』と交渉するのも手でしょう。
または、自分がTwitterで発信して、Twitter内にて自分のサイトのファンを増やしていくというのも良いかと思います。
(口コミで広がりますしね。)
あとはWordPressであれば、定期的にブログを更新するのはSEOの評価を上げる上等手段ですし、RSSリーダーもしくはソーシャルブックマークサービスを使う等の方法もありますかね。
『はてなブックマーク』の様な、いわゆるディレクトリ型サイトへの登録も、一種の手ではある様ですが効果は薄いらしいですので、『手が余ったらやっとくか』くらいの認識で良いかと思います。

 

SEOの『キーワードをリサーチする方法』について

さて、前項目にて戦略から行動までの一連の流れを書きましたが、そこで出てきた『キーワードをリサーチする方法』について、ここで詳しく記載します。

『何のキーワードでサイトに来ているかなんて、一体どうやってリサーチするんだい?』と思うかと思いますが、この『Google Analytics』というツールを使えばOKです。

WordPressであればプラグインで調べる事もできますが、このGoogle Analyticsの方が良いかと思います。

何よりGoogleが出しているツールで、無料で細かく分析できますしね。

これを使って『自分の狙いのキーワード』と『実際に来ているキーワード』で、どういった違いがあるのか分析しましょう。

それから、『そのキーワード自体がどの程度人気があるのか?』も、このツールでは確認できますし、複数のキーワードを組み合わせて検索する場合の人気も確認できます。

狙いのキーワードとして定めていても、そもそも不人気のキーワードなら効果は出ませんからね。

 

【補足】リンクについて

リンクについてのお話しを少し補足です。

内部リンクについて

SEOを考えるうえで非常に効率的と言われているのが、内部リンクの構築です。

(内部リンクとは、同じドメイン内においてリンクを貼っていく事です。)

『詳しくはコチラ』などと、書かれたリンクを見た事はあるのではないでしょうか?

この様なリンクを特定のページに多く貼ると、検索エンジンが『このページは重要なページなんだな』と理解するんですね。

で、ページの信頼性が上がるというわけです。

ですので、協調したいページに対して内部リンクを貼っていくという事は、SEOを考えると重要であるといえます。
(しかしながら、ただむやみやたらに貼れば良いというわけではなく、ユーザーの使いやすい様に貼らないと効果が出ないどころか、逆に評価を下げてしまうため、そこは注意が必要です。)

内部リンクのポイントをまとめると
①内部リンクは無料で簡単に自分で構築できる
②検索エンジンに対して重要なページを示せれる
③訪問者を重要度の高いページへ誘導可能
④意図的に張り巡らせるのではなく、ユーザーに見やすい様にすること
この様な感じになるかと思います。

 

外部被リンクについて

続いて外部からの被リンクについてです。

Googleはどちらかというと、内部リンクよりも外部からの被リンク数に重点を置いている様です。

まあ、これは簡単な話で内部リンクの数が『自分の評価』であるなら、外部からの被リンクは『他社の評価』になりますからね。

そういうわけで、内部よりも外部が実は重要だったりします。

前のページで述べましたが、以前は『外部からのリンクを貼るサービスをやる業者』もいた様で、これが問題となりペナルティの対象となりました。

今ももちろん同じ事をやればペナルティの対象となり、Googleから締め出しを食らう可能性がありますので、そういうやり方は絶対にやってはいけません。

(Googleのアルゴリズムは日々進化していますし、取締も厳しくなっているそうです。)

では、『外部からの被リンクを得るためにはどうするのか?』という話になってきますが、これはもう単純に『良いコンテンツをつくり、世の中の人に認めてもらうこと』を意識するしかありません。

良いサイトだ、良いコンテンツだ~・・・ってなれば、自然と被リンク数は上がっていきますからw

まとめると
外部からの被リンクを考えた一番の対策は『世の中の人に良いサイトだと思われるには、どうすれば良いのか?』を考え実践する事ですね。

 

終わりに

さて、3回に渡ってSEOについて記載しましたが、いかがでしたでしょうか?

ここで記載した情報が、皆様方のコンテンツ作りに生かされれば、私も幸いで御座います。

まだまだ私も勉強中の身ゆえ、もしかすると間違いがあるかもしれません。

もしもオカシイ箇所を見つけた場合は、そっと教えて下さると嬉しいです(笑)

 

目標達成に対する途中の見直しとか、まだ記載したい事もありますが、今回はこの辺で終わろうかと思います。

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました