【特集】WEB制作会社の仕事とは?

WEB制作会社が普段どういう仕事をしているのか、分かりやすく特集記事を書く事にしました。

本記事では『WEB制作に興味がある』『WEB制作会社で将来働きたい』『WEBデザイナーになりたい』『フロントエンドエンジニアって何するの?』といった方向けの内容となります。

フロントエンド編

WEB制作を行う会社には、必ずフロントエンドエンジニアとWEBデザイナーがいます。

まずフロントエンドエンジニアから紹介します。

会社によって分担がマチマチではあるかと思いますが、

①コーディングをする
②プログラミングをする
③WordPressの構築をする
④サイトの修正、更新をする

この辺りが担当区域となってくるかと思います。

以下、上記4つの項目を詳しく書きますと

①コーディングをする

WEB制作を行うという事は、サイトを作るという事です。

で、サイトを作るという事は、『HTML』という言語を操作していくという事になります。

この『HTML』を美麗にデコレーションしていく言語を『CSS』というのですが、このHTMLとCSSを使ってサイト構築をする事を『コーディング』と言うのですね。

WordPressを使ってサイト構築する場合、ECサイトとか、ランディングページなどを作る事が多いかと思いますが、HTMLとCSSを操作できてWordPressのシステムを理解していれば、問題なく制作できるかと思います。

(しかし、WordPressが少しクセがあるのでそこ注意ですw)

また、コーディングばかりを専門にやっている人を『コーダー』と言ったりもします。
ちなみに、コーダーは近年増加の一途を辿っている様でCSSだけでは採用されにくくなってきている様です。

今後フロントエンドエンジニアになろうという方は、HTML、CSSのスキルに加え、動的にページを操作できる『javascript』の知識も抑えておきたいところですね。

javascriptは言語名ですが、この言語のフレームワークである『jQuery』や『vue.js』『Nuxt.js』などを扱える様になっておきたいところ。

②プログラミングをする

WEB制作では静的なページを構築してから、後付けで動的にする事が多いかと思いますが、その際にアニメーションのプログラムを作る必要があります。

CSSだけでも、そこそこのアニメーションは作れますが、やはりjavascriptがモノを言います。

上記でも触れましたが、生のjavascript、Vue.js、jQuery辺りを使える様になっておくとのは、かなりオススメです。

(2020年1月現在としては・・・。)

(↑技術の移り変わりは早いもので、この話も後3年くらいすると変わっているかと思います)

また、WordPressを使わず、完全フルスクラッチ制作を希望された場合など、PHPを使ってサイトを構築する場合もあります。

③WordPressの構築をする

WordPressを使ってサイトを新規に作ったり、テーマのカスタマイズをしたりします。

テーマの新規制作は中々ハードですが、これが出来る様になったのなら初心者は脱したかなと私個人は思いますね。

(↑中級レベルの理解度が必要なのは間違いないです。)

カスタマイズはテーマの作成とか改造だけではなく、プラグインの導入などもあります。

プラグインの導入はダウンロードして設定するだけなので、全然難しい事はありません。

また、操作方法を記載したCMSマニュアルを作る事もあります。

④サイトの修正、構築をする

依頼されれば、既に納品したサイトのカスタマイズ、更新作業などを行います。

WordPressの記事の更新など、この辺りの業務は簡単な作業になるので、新入社員に任される事が多いですね。

更新業務が頻繁にある会社なら、アルバイトやパートのおばちゃんが請け負う可能性もあるかと思います。

とはいえ、内容はピンキリで文章を書くだけという単純なものから、ランディングページを丸々作り変えるという内容まで様々あります。

おおよそ、フロントエンドエンジニアの業務について書きました。

(足りない部分もあるかと思いますが、細かいものは省いてあります。)

デザイナー編

続いてWEBデザイナー編です。

デザイナーの仕事は、おおよそ3つあります。

①コーディングをする
②グラフィック作成をする
③クライアントと会議

この様な感じでしょうか。

 

①コーディングをする

WEBデザイナーもコーディングをします。
(基本出来ない人はいないと思います。)

しかし、どこまでの役割を負担するかは会社によってマチマチかと思いますが、デザインのスキルが高くて仕事の負荷の高い時なら、あまり任されないはずです。

(コーディングはWEB制作会社の人間なら誰でも出来るはずなので、手の空いている人に回るパターンはあるかと)

しかし、ランディングページのコーディングなどは、デザイナーがそのまま任される事が多い様ですね。
(おそらく、画像の加工からそのままページ作成しちゃう流れになるのでしょう。)

②グラフィック作成をする

これがメインの業務となります。

・ワイヤーフレームの作成業務
・デザインカンプの作成業務
・サイトのロゴ作成業務
・バナーの作成業務
・他、細かいパーツがあれば作成

この辺りになりますかね。

なお、詳しい説明は省略します。
不明な単語は各自ググって検索してくださいませw
(ここは少々ボリューミーです(笑))

③クライアントと会議

これはもう見たまんまですかねw

デザイナーの業務内容を見れば、大体検討はつくかと思いますが、どこの制作会社も会議や打ち合わせが頻繁にあるかと思います。

ワイヤーを作ってはクライアントと会議、デザイン案が決まればクライアントと会議、パーツを作ればクライアントと会議、修正案を出されれば修正してクライアントと会議・・・w

この様な感じでクライアントと絡む機会が非常に多いはず。
コミュ障には難易度が高いですw

制作会社の中にはディレクターとデザイナーを兼任している方もいらっしゃる様です。

そこまでのスキルとポジションなら、非常に重宝される人材でしょうけど、中々なれるものじゃありませんよね。
(もしなれたらどの会社でも活躍できるかと思いますw)

 

以上、フロントエンドエンジニアとWEBデザイナーについて、ざっくりとまとめてみました。

今後フロントエンドエンジニア、WEBデザイナーを目指す方のお役に立てれば幸いで御座います。

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました