ステンレスワイヤーを使ったカレイ仕掛け

※ヤフーブログ過去記事(2016/1/23)より転載

おばんです。

先日の事、釣り友I氏と電話で話していると、形状記憶の金属ワイヤーを使ったカレイ仕掛けの話になりました。

『形状記憶ワイヤーだと、潮が流れていなくても、絡まりにくい・・・でも高い!』という話でしたが、その話を聞いていて、普通のステンレスワイヤーでも絡まり難い良い仕掛けが作れるのでは?と思ったので、自作してみる事に。

まあ、それとは別の理由で、昨年末の釣り納めの時、道糸をナイロンのヨリ糸の仕掛けで行ったんですが、潮止まりの時間はちょっと絡まりやすかったんですよね~。

それもありまして、思い付きですが自作してみる事にw

イメージ 1

使用するのはステンレス製のワイヤー。

ホームセンターで1mあたり100円くらいで売っている物です(0.8φ)

イメージ 2

スリーブを使ってUの字に固定して製作しました。

スリーブも4コ入りで100円くらい。

イメージ 3

で、いきなり完成です(笑)

長さを決めて、脇をUの字にして、スルーブ通して、ペンチで潰して固定して、繋いでいきました。

イメージ 4

Uの字の輪っかにサルカンを通して、熱伸縮チューブで遊びを固定。

ハリスはフロロ4号で、夜光チューブで絡み止めして、遊びを固定してます。

針はカレイ針で、飾りでビーズを付けましたw

イメージ 5

この仕掛けは、片テンビンの2本針仕様。

仕掛けの長さはテンビンから最初の針までが25cmくらいで、全長が90cmくらい。

(これとは別に3本針仕様も製作しました。)

こんな感じで、思い付きで仕掛け作ってみました。

動きをチェックしてみると、結構絡みにくくて良い感じ♪

普通のステンレスでも、そこそこ反発力ありますね~。

次回から暫くはジギングになると思いますが、4月頃の春マコで使ってみようかな~と思います(*´ω`)

まだ先ですが、使ってみるのが楽しみ~(*´∀`)ノ

じゃっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました