魚の呪い…手術編

※ヤフーブログ過去記事(2016/2/17)より転載

おばんです。

それは昨年始まった・・・。

9月のシルバーウィーク、つり丸さんにて青物ジギングへ行った後の事です。

あの時は順調に釣れ、私も10数匹釣った記憶があります。

そのうちの何匹かをお持ち帰りし、捌こうかなと、そのうちの1匹を手で持った時の事・・・。

『ツルっ』っと滑りまして~、右手の人差し指に、背ビレが刺さりました。

刺さったと言っても、『グサっ!』っという感じではなく、『あ、イテっ』っていうくらいのレベルでしたがね・・・。

その時は血も出ず、水で洗って終わりとしたんですが、数日経つと何かを触った時にチクっと痛む様に・・・((・ω・;)

その後も経過を観察していると、だんだんと『魚の目』とか『イボ』っぽい雰囲気に(;°皿°)

触らなければ痛まないんですが、押すと痛むんですよね~。

なモンで、イボコロリとか使って、その腫瘍部分を取ろうとしたんですが、上手くいかず(*_*;

ならば自然治癒で!!と思い、放置してみたりもしたんですが、サッパリ治らず(^^;

ですので、昨日、腹を決めて病院に行ってきました。

イメージ 1

医師に見せると『ヒレの先が残ってる可能性もあるし、雑菌が入ってこうなってる可能性もありますしね~、ですので、この部分くり抜いちゃった方が良いでしょ♪』との答え( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

自分的には塗り薬が理想でしたが・・・

麻酔して、4mmほどくり抜かれちゃいましたw

いや~・・・麻酔が痛かった(笑)

例えて言うなら、『指の先端5mmをニッパーで切断された様な痛み』デスネw

イメージ 2

結構血が止まらなかったのか、滲んでくるしね~w

2針縫って、2週間後に抜糸です。

ちなみに、切除した腫瘍部分は専門の機関に送られ、検査され結果が病院に通知される様です。

背ビレが残っていたかどうかも、抜糸の時にはっきりするとか。

現在は飲み薬と、塗り薬で治療中。。。

放置したから悪くなったと言われそうですが、多分すぐ病院行っても、切る事になってたと思います。

いや~、これは魚の呪いに違いない。

しっかし、こんな目に逢わされたからには、ブリに復讐しなくてはなりませんね。

今年は青物釣りまくってやりますよ・・・(`・ω・´)

あと、これからはヒレ類はキッチンバサミで切ってから捌きますかね。

同じ過ちは繰り返さない様に・・・(笑)

じゃっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました