田舎で在宅ワークで収入をいかに取るか

はじめに・・・

どうも僕ですw

このタグでは『地方の田舎住みでフリーランスとしてやっていくには、どうしたら良いか?』を考えて、その段階で考え出した結果を記述していきます。

私一個人の考えですので、参考になるかどうなるか微妙ですが、皆様方の参考になれば幸いで御座います。

(あ、念のために書いておきますが、もし私のやり方や考えを参考にして、損をした失敗したとなっても、私は一切の責任を負いませんのであしからず。)

 

【考察】現在の状況

現在の私の状況と持っているスキルを記述しますと

【状況】
・現職の会社の退社目前(有給消化中)
・一人暮らしのため、子供や家族等にほとんど時間を取られる事なく、一日の時間を好きに使える状況にある。

【スキル】
・一般的なPC作業はできる(ワード、エクセルなど)
・パソコン自作経験もある(ゲーミングPCなど)
・Photoshopはじめ幾つかのAdobeソフト所有
・ちな体は健康(健康診断ほぼオールA)

 

【考察】何の仕事をするのか

さて、フリーランスと言っても、仕事は色々ありますよね。

フリーランス・・・自分のスキルを使って稼ぐ人

なわけで、平たく言えば芸能人とか、自営業で店出している人もフリーランスになるんですよね。

で、そういう私は何をするのか何のスキルがあるのかというと、聞いてビックリ見て驚き、上記の通り変わったスキルはございません(笑)

しかし、そんな私にも最近の世の中は優しいですね~。

パソコンで色々とできる仕事があるわけですw

そういうわけで、パソコン系で仕事を探していこうかと思ってます。

 

【考察】即対応可能な仕事

さて、パソコンで稼ぐと言っても、仕事をどこで獲ってくるのか?という話になりますよね。

最初のうちは現在だとランサーズとか、クラウドワークスをはじめとしたクラウドソーシングとかエージェントを頼る事になるかと思います。

一般的なパソコンスキルがあれば対応できる仕事としては、記事の出筆の代行する『ライティング』をはじめ、アンケートや商品のレビュー作成など簡単作業系のものがあるかと思います。

しかしながら、簡単作業系は人が飽和しているため、単価も安く、案件を取れるかどうか微妙。

さらにいうと、取れたとしても単価が激安。

なので、対費用効果としてやる価値があるかどうか見極める必要がありますよね。

しかし、Twitterで情報を集めていると、ライティングだけでも月30万以上稼いでいる方も見られました。

Twitter情報ですので、信ぴょう性はアレですけど(笑)、ググってみると、ライティング専門で年収400万以上の人もおられる様ですので、あながち嘘ではないかと思います。

その他、それ専用のソフトやアプリなどが欲しいですが、動画や画像編集系の案件が敷居が低そうです。

また、クラウドソーシングはじめ、在宅ワークで単価の高い仕事はやはりプログラミングですね。

クラウドワークス

ランサーズ

プログラミング関係、エンジニア絡みの案件がやはり単価が高いです。

後はイラストレーターとか、アニメーション系ですね。

 

 

【まとめ】今後の活動

まとめると、現在は一般的なPCスキルしかない私。

なので、ライティングはじめ簡単作業系で対費用効果があるものをチョイスしてお金を稼いでいきつつ、プログラミング学習を続けていずれは高い案件を狙っていくという形になりますかね。

ていうか、それしかないw

『田舎で案件を取れるプログラミング言語は何が良いのか?』について調査も行ってますが、それは後日別の記事にて記述したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました