WordPressの短所まとめ

皆様、お疲れ様です。

前回 からの続きになります。

前回では長所を中心に記載したので、本記事では短所についてもう少し細かくまとめていきます。

短所はこんな感じ

個人でWEB作成するにはスキル習得のための学習が必要

前記事でもさらっと触れましたが、ワードプレスで質の良いサイトを作り上げるには、専門知識を得るための学習時間が必要です。

HTML、CSSだけではなく、PHPのスキルも必要になる場合もあります。
(画像の位置調整くらいならHTML、CSSだけでもOKかと思いますが。)

また、エディタを弄っている時など直接コードを触っている時は、失敗して画面が真っ黒になってしまう事もあるので注意が必要です。

(バックアップをきちんと取りましょう。)

この様な感じで専門知識を問われるので、『ワードプレスはそれなりの専門知識がある人向けのツール』と言えますね。

美麗な外観を作る事にもスキルが必要

前項目ではサイトの設定的な部分について記載しましたが、こちらは外観の話になります。

外観も人目を惹くデザインを作れる様になるまで、それなりの知識と経験を問われます。

ワードプレスのテーマは無料有料含めてたくさんありますが、企業のコーポレートサイトで、既存テーマだけで事業内容などを栄える様に表現するのは難しいかと思います。

(テーマをインストールするだけで『万事収まる』となる事は少ないでしょう。)

その会社にあった外観を作る必要があるため、多かれ少なかれテーマをカスタマイズしたり、プラグインを入れて動的なサイトを構築する場合が多いです。

サービス説明とか料金の話、事業やお客様の声、スタッフの紹介から代表取締役社長の挨拶など、企業のホームページには様々なコンテンツがあります。

それらのコンテンツをフロントページで上手く見せて、各コンテンツの詳細ページに誘導するのは、実に難しいものです。

(そう言ってる私のサイトも、まだまだ模索段階。日々学習と精進あるのみですw)

そんなわけで、デザインが素人っぽいと各コンテンツに誘導するのは難しくなってくるため、デザインスキルもかなり必要になってきます。

また、ワードプレスには『テーマ関数』と呼ばれる独自のPHP関数が用意されています。

これはワードプレス独自のものなので、『この設定をすると、どう変わるのか』という事を知識として得て、自分で使える様にならないとテーマのカスタマイズが上手くできません。

自分自身でSEOを考えなければならない

WordPressには基本的なSEOの機能はありますが、細かい設定はプラグインを入れて行う必要があります。

プラグインを入れることでSEOの細かい設定ができる様になるのですが、これがまた難しいです。

SEO対策はビジネスに直結するため、どの様に設定したら上手く訪問してもらえるのかを常に考える必要があります。

どの様なキーワードで、どの様な訪問者を増やしたいか、自分で考え設定していかなければなりません。

余談ですが、大手のブログサービスを利用していると、早い段階からSEO上位に表示される事もしばしばあります。

私はYahoo!ブログを昔使っていた事がありますが、記事を更新してすぐに検索上位に反映されていたりするので、自分で何もしなくても上位表示してくれる『見えない力』の様なものを、今振り返れば感じますね。

ワードプレスはそれが一切ないので、自分の技術と努力で集客するしかありません。

サーバーとドメインを自分で用意して設定しなくてはならない

ワードプレスのWEBサイトを作ろうとしたら、サーバーが必要です。

家で自分でサーバーを構築しても良いかと思いますが、大きい集客をするなら費用が掛かりすぎるため、レンタルサーバーを借りる事になるでしょう。

で、レンタルサーバーでもPHPとMySQLが使えるサーバーでないと、ワードプレスはインストールできません。

更にいうと、ワードプレスが使えるかどうかを自分で調べる必要があります。

(余談ですが、サーバーによってはワンクリックでワードプレス環境を構築できるところもあるので、そういうサーバーを選ぶと楽だったりしますw)

また、独自ドメインを用意する事も必要です。

独自ドメインがないとサーバーの運営会社の用意したドメインとなるため、非常に格好悪いです。

独自ドメインはドメインを売っている会社と契約して取得する流れとなるため、それも少々面倒ではあります。

また、ドメイン会社で独自ドメインを取得したら、今度はそのドメイン名で自分の制作したサイトが表示される様に設定をし直さないといけません。

この様な感じで、ドメインやサーバーの設定の知識が必要になってきます。

自分のサイトが自分更新できない・・・となる事も

これは制作会社に依頼した場合の話になりますが、納品されていざ公開となった後、自分の手で更新できる箇所が『ブログ機能だけ』となる場合があります。

固定ページをホームページとか、ランディングページとして制作していて、そのページをテキストエディタでコードだけで制作されている場合、素人の手では触り難いう形で納品されているはずです。

『自分の手で更新するのはブログ機能だけ。後は数年触らないよ』というなら、それでも良いかと思いますが、『ホームページとして作成している部分も自分の手で更新したい!』と言った場合でしたら、そこを踏まえて代行制作をしてくれるところに頼みましょう。

セキュリティ対策を自分で行う必要がある

ワードプレスは全世界のWEBサイトの1/4を占めていると言われています。

そんなワードプレスですから、悪い人達・・・すわなちハッカーに狙われやすいんですよね。

セキュリティ自体はサーバー会社側で行ってもらえるはずですが、それでも『中身を消された』などの被害や、企業であれば『顧客データの流出もしくは消失』などが考えられますので、対策が必要になってくるかと思います。

ワードプレスは基本的にサポートがない

前記事でも書きましたが、ワードプレスはフリーのツールですので、サポートがありません。

とは言っても、一応メールでのサポートはあるらしいですが、メールなので返信に時間が掛かります。

ワードプレスは『分からない事は全て自分で調べて扱う』が基本のルールになっているので、検索力の弱い方には向かないツールと言えるでしょう。

バージョンアップの問題がある

ワードプレスの管理画面に時々『更新して下さい』と表示が出る事があります。

これをクリックすればバージョンアップは自動でやってくれるので、簡単です。

しかし、プラグインとのバージョンの問題が出てくるので、もしかすると『プラグインが動作しない!』なんて事になる場合も。

だからと言ってバージョンをしないで放置していると、ハッキングの標的になりますので、バージョンアップはしなくてはなりません。

プラグインが動かないといった時に、迅速に対応できるスキルが求められます。

 

以上、ワードプレスの短所のまとめでした。

このページには短所しか書いてませんが、前記事では長所の方を記載していますので、長所を調べたい人は前記事を是非見てみてください。

また、学習する姿勢があるならワードプレスは決して難しいものではないので、ワードプレスを使ってのサイト制作おすすめします。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました