WordPressの長所と短所まとめ

私自身、WordPress(以下:ワードプレス)でのWEB制作をオススメしているので、改めて長所と短所をまとめました。

WordPressとは?

ワードプレスとは世界中でシェアを持っている、無料で使えるブログソフトです。
(CMSと言われるソフトです。)

ワードプレス自体にブログ機能の基本的な機能が含まれているため、ページの更新や日記としての活用など、サイトの作成更新といった作業が簡単にできます。

そしてHTMLやCSSの基本的な知識があれば、WEBサイトの制作といった事にも使えるため、個人の日記ブログから企業法人のサイト制作まで様々なところで活用されています。

では長所と短所を見ていきましょう

でも、簡単と言っても、それはデータベースを活用したWEBサイトを新規で作る場合と比較したら簡単だというだけで、実際はプロ向けのツールであるため、一切何も知識がない方では扱うのが難しいです。

しかしながら、最近ではプログラミング学習サイトやyoutubeでワードプレスを扱う方法が出ていたりするため、そちらで学習して自分でWEBサイトを作成する事も十分可能だと思います。

ワードプレスそのものは無料で使える、いわゆる『オープンソース』です。

そのため一度覚えてしまえば、自由度と拡張性の高いWEBサイト制作が自分の手で自由に行える様になります。

(ワードプレス自体はプロ向けの仕様であるため、自由に拡張性の高いサイト制作が可能なのですね。)

でも、ここまで聞いて館の良い方は気づいたかも知れませんが、基本的には無料ですからサポートはありません。
(サポートを専門でやっている会社もある様ですが、契約しなければ助けてはもらえません)

サーバーの契約から初期設定、サイトのテーマの選定制作などの作業を、全て自分でやらなければなりません。

早い話が、お金は無料だけどワードプレスの基本的な知識を得るための『学習時間』と、初期設定からテーマの選定制作、あるいはランディングページがあるならそれの制作の『作業時間』という2点で、『時間』というコストが必要になります。

要約すると・・・

長所

無料で拡張性が高く、自由にサイト制作ができる。

短所

無料ゆえ基本的にサポートが無く管理が大変、自由度が高いためサイト制作に時間がかかる。

(長所と短所が逆になっちゃってますねw)

大体この様な感じになるかと思います。

もっと具体的に長所を見てみましょう

テーマのテンプレートが豊富にある

WordPressはデザインを決めるテーマのテンプレートが豊富にあります。

無料でダウンロードしてそのまま使える『無料テーマ』と、有料でクレジットカード等で料金を支払って購入する『有料テーマ』と、大きく分けて2種類あります。

「有料と無料とあるなら、無料のがいいじゃん」と思うかも知れませんが、無料のテーマを使う場合は注意点があります。

①英語で作られているテーマが多い
②サンプルで表示されている様にならない事も
③ウィルスが入っている可能性(←噂レベルの話ですが)

①に関してですが、無料で凝ったデザインのものって、結構海外の人(早い話が外人)が作っている事が多かったりするんですよね。

もちろん日本人の有志の方が作って、GitHubなどで公開している場合もありますが、外人さんの作ったテーマは英語とか外国語になってきますので、そこ注意です。

②に関してはサンプルで公開されているサイトって、CSSを行き当たりバッタリで構築している事もしばしば見受けられます。
CSSをstyle.cssのファイルに書かず、外観タブの追加のCSSに書いて、そのままにしてるってパターンですね。
この場合はサイトのサンプルは仕上がってますが、ダウンロードしてきたテーマの方はCSSが入っていないので、CSSを自分で書く必要が出てきます。

最後に③に関してですが、これは噂ですが、外人・・・特に大陸方面の方が作った無料テーマには、『ウィルスかウィルスを流し込む窓口があるんじゃないか?』という噂が御座います(笑)

まあ、私自身は未確認ながら、知り合いの制作会社さんの方で、『7つのサイト(確か7つ全て同じお客さん)がハッキングされ、アクセスすると大陸のサイトに飛ばされる様になった』という事がありました。

ここで使ってたテーマが、そのお客さんが自分で入れた無料テーマだったみたい(しかも大陸産らしい)で、どこから入られたか?を考えていくと、テーマの可能性は否定できないねって話になったので、確証のない噂程度の話にはなりますが、一応ここで記載しておきますw

(ハッキングは『問い合わせフォーム』からjavascriptのコードを流しこんで乗っ取るパターンもあるっぽいので、一概には言えませんけどね。)

この辺りが無料テーマのネックなポイントになるかと思います。

もしも無料を使うなら、『無料のテーマを改造して、自分でカスタマイズしてみせるぜ!』って志でできるなら、良いかと思いますw

システムそのものは無料である

上記にて無料の話はしましたが、もう少し追記です。

無料なのはワードプレス自体であって、サーバーをレンタルすればサーバーのレンタル料はかかります。

また、独自ドメインを取得すると、ドメイン名の使用料も発生します。

どちらも大きい金額ではありませんが、月々の料金としては発生しますので、そこは要注意です。

ブログにもホームページにも出来る

ワードプレスはブログソフトなので、ブログに出来るのは勿論のこと、ランディングページの様な縦に長いページを作成して公開する事もできますし、ECサイトとして通販サイトに仕上げる事も可能です。

ブログは基本的には型にはめて更新作業をするだけなので、何も難しいことはなく、画像と文字を入れていけば簡単に更新できます。

ECサイトにするなら、商品カート機能、クレジット決済機能など必要な機能がプラグインで導入できます。

ワードプレスはPHPというプログラミング言語でできているので、そのPHPを駆使して様々なサイトを構築できます。

しかしながら、そこまでのサイトになってくると「簡単に仕上げる事が出来るレベル」ではなくなってきます。
そして外部にサイト制作を注文すれば、当然それなりの料金が発生します。

ワードプレス自体が無料でも、使いこなすための学習時間がかなり掛かります。
その『学習時間』をどの様に見るのかが、外部にサイト制作を頼むかどうかの境界線になってきますね。

プラグインを入れれば難しい機能が簡単に導入できる

完全にフルスクラッチでサイトを作ろうとすると、難しい機能を入れようとすれば、難しいシステムを構築する必要性が出てきますが、ワードプレスの場合はプラグインを入れれば大体解決します。

そしてプラグインは基本的に無料です。

ですが、非公式のプラグインにはウィルスが入っている場合もありますし、無料だからといって次々入れてしまうと相性問題が発生してバグが出る事もありますので、注意が必要です。

あと、日本語非対応のものや、細かい初期設定が必要なものもあります。

利用者が多いので情報が豊富

ワードプレスを使用してWEBサイトやホームページを作る人が非常に多いため、情報がググればすぐに出てきます。

youtubeからプログラミング学習サイト、個人のブログなどでも情報を得る事ができます。

(ただし専門用語が非常に多く飛び交っているので、最初のうちはその専門用語の学習時間も必要になるかと思います。)

学習時間を確保できるという方は、自分でサイト制作にチャレンジしてみても良いかと思いますよ。

以上が具体的な長所のまとめになります。

 

さて、長くなってきたので一旦ストップw

長所については細かく書いたので、次回は短所について細かく書きたいと思います。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました